知らないままだと危険な外壁修理のこと

外壁修理をしようと思ったら

相談

まず、インターネット等でめぼしい業者を見つけたら、電話やメールなどで外壁修理に関して相談しましょう。
そこでの対応も業者を見極める材料となります。
不安なことや金額のことなど、気になることは最初に言ってしまったほうがいいでしょう。
対応が遅かったり、おろそかだと感じたらその業者は断ったほうがいいかもしれません。
値段があまりに安すぎる業者にも注意が必要です。
見積もりの前の相談の時点で、外壁の大きさや欠陥の大きさなども具体的に相談しておくとその後の話がスムーズに進みやすいです。
見積もりとして来てもらって現物を見てもらう前に「相談」という手順があることを知っておいてください。
相談を上手に利用してください。

見積もり

相談してもらったら、実際に来てもらって見積もりを取ってもらってください。
電話だけでの見積もりは信用性に欠けるので、利用しないほうがいいでしょう。
また、見積もりでは全部の金額を出してもらいましょう。
どうゆうことかと言いますと、新しく塗る塗料の費用やいらなくなったものの処分費用などで見積もりよりもお金を取られてしまうことがあります。
修理してもらったあとでは、払わないわけにはいかないので納得いかなくても支払うことになります。
見積もりの時点なら、納得いかなければ断ることも可能です。
後悔しないように、かかる費用の総額を聞くようにしましょう。
相談や見積もりでちゃんと業者であるかを見極めてから、修理してもらうようにしましょう。


シェアする

B!